〈ことば育て〉

前回までの本欄で、10回ほど乳幼児のこころ育てに関わる代表的・典型的な課題について、対応策の基本的な方向性を探ってきました。前にも述べたとおり、こころ(情動性・感受性・意志)の育成の問題は、知性(ことばの獲得・考える力・探究心)と決して別ものではなく、生活環境の中で社会的な影響を受けながら同時進行的に育っていく、と考えた方がいいと思います。今回からは、生涯続いて発達・学習を進めていくことになる「ことば」の習得・発達(広い意味での知性の発達)について考えてみましょう。

【教育の名言】楽しい雑談が子どもの知能を育む ~「3000万語の格差」研究~
3年ほど前に私は大変衝撃的な教育研究書に出会いました。それは、アメリカで二人の教育研究者(トッド・リズリー氏とベティ・ハート氏)が、多様な社会経済レベル(家族の学歴・職業・収入など)の42家族の子どもの身辺を、生後3年間実に詳細・誠実に追跡観察し(1982年ころから)、さらに3年間かけてそのデータを精力的に分析し分かったことの報告書です。その要点を述べますと、3~4年間に、低階層の子どもたちと高階層の子どもたちがそれぞれの家族や保育者から聞いたことばの数の差が、総計3000万語あったということが分かり、この影響でその後の子どもの学ぶ能力とその成果に大きな差ができてくることも判明したそうです。(『3000万語の格差 ~赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ~』ダナ・サスキンド著・掛札逸美訳・明石書店・2018・P34~43)
3年(ほど)で3000万語ということは、ざっと計算すると一日で3万語、1時間で約700語となり(1日で起きている時間を14時間と考えました)、あらためて驚かされる数字ですが、この研究は決してでっちあげやはったりなどではありません。
さらにその研究は、単にことばの数だけでなく、ことばの質(どんな内容・種類whatのことばか? いかにhow話されたか?)の問題にも注目し分析しています。この点については、次回に述べます。お楽しみに!

 

こころの教育

逆説の子育て  トラブルがあるから子どもは成長する
~~お友だちとの関係トラブル解決策~~   (前回の続き)

乳児期から幼児期へ成育するにつれ次第に自我もめばえ、遊びも発達していきますが、おもちゃの大きい・小さいや数の多い・少ないなどの違いがわかってくると、兄弟やお友だちとのトラブルも増えて来ます。これは成長の証しでありますが、保育者・保護者の悩みも増えるもとです。性格の違いから2つのアプローチを考えてみましょう。
①おもちゃを取る、お友だちをたたく
乳幼児は物にはすべて所有者があることには考えが及ばないので、「取る」「たたく」という一番ストレートな自己表現をとります。子どもの気持ちにより添いながらも「かわりばんこ」「じゅんばんこ」「欲しいときは「貸して」だよ」などと辛抱強く呼びかけましょう。たたかれた子どもとその保護者にはただひたすら謝り許してもらいましょう。
②おもちゃを取られたり、たたかれる
やさしい性格の子にとっては、「泣く」というのも自己主張の一種です。たたく子もいるんだな、と認識し相手を否定するのではなく「たたかれて痛かったね」と共感し「いやだよ」「やめて」と言えるようこちらも辛抱強く呼びかけてみましょう。(Benesse『こどもちゃれんじぷち通信』2015年10月号・柴田愛子先生のアドヴァイス)
トラブルはチャンス!との前向きの受けとめが大切なんですね。「失敗は成功の元」「七転び八起き」などの諺もありますしね。

こころの教育

逆説の子育て 「けんか上手」になろう

「「けんかはダメ」。本当にそうでしょうか?けんかとはそもそも、自分を相手に分かってもらいたくて始まります。けんかの目的は相互理解です。つまり「けんかが上手」ということは、「腕力が強い」ということではなくて、上手に仲直りができて、子どもなりにうまく相互理解が図れるということです。」「子どものけんかは心身の発達とともに、「取っ組み合い」「けなし合い」「意地の張り合い」「口論」と進化します。要するに、使用するツールが、腕力・言葉・態度・論理と、高度になっていくのです。」「小さなころからその時その時の発達段階に応じたけんかの経験を豊富に積んだ“けんかの達人”は、相手の立場も守りながら、最終的にWinーWin(互いに得をする)の関係が築けるように話を運んでいき、ゆくゆくはビジネスの世界で会議やプレゼンという場で生きる力に結びつくのだと思います。」(教育ジャーナリスト・おおたとしまさ)(岐阜新聞2014年8月1日)

避けることのできないこどものけんかも、保護者としてはほんの少し距離を置いて冷静・客観的にじっくりと観察し、必要なアドヴァイスは与えながら、自己主張・相手を説得する力・相手と折り合う工夫などを養わせる絶好の機会としたいものですね。

こころの教育

〈逆説の子育て〉ダダこね、根性の表れ

幼児期は何でも親の言うことをきく素直な時期からだんだんに言うことがきかなくなりやりにくくなる時期と言えるでしょう。しかし、おおたとしまさ氏(教育ジャーナリスト)は次のように、安心できるアドバイスを書いて下さっています。「ダダをこねるのは不屈の精神の表れです。未熟なプレゼンテーションとも言えます。ダダをこねるだけの根性がある子は、成功する見込みがあるといってもいいでしょう。」「だからといって甘やかすわけにはいきません。いきなり「ダメ」と否定するのでなく、「どうして欲しいのか」など質問して、子どもの気持ちを聞いてあげることです。上手にプレゼンをさせることと言い換えてもいいでしょう。その上で、ダメである理由を説明します。すると100%ではありませんが、いきなり「ダメ」というよりも高い確率で納得してくれるものです。だまされたと思って試してみてください。」(岐阜新聞2014年8月15日)

子どもの人格や気持ちを尊重し、一度できるだけ丁寧に聞いてあげ、大人の側の気持ちも冷静に伝えながら、ある意味中間的・前向きな方向性・目標を模索し伝えていく、ということなのでしょうね。

こころの教育

「がまん」ってどういうもの? 大事なもの?

「「がまん」は一般的に、人から押しつけられた意見をしぶしぶ受け入れるような、受け身の姿勢に使われることが多いですが、子どもの発達という視点からは、子どもが自分で考えて自発的に選びとる「がまん」が大事になります。例えば、大好きなブランコの前に行列ができていたとき「順番を待てば乗れる」と考えて列に並ぶなど、目的のために自分で考えてがまんできる力が「真のがまん」です。(森口佑介氏)
今保育の現場では「非認知能力(ひにんちのうりよく)」が注目されています。「非認知能力」とは、意欲・自尊心・コミュニケーション力など、学力のように測ることができないが「人間として生きていく力」の基礎となるものです。その力のひとつに、自分の気持ちを自己抑制(セルフコントロール)する力があります。これが「がまんする力」と関係していて、大事だと考えられているのです。(大豆生田(おおまめうだ)啓友(ひろとも)氏)
1~2歳代は、がまんを教えるにはまだ早い年齢で、むしろ子どもが安心できる家庭環境をつくることが大切です。(森口佑介氏) 3歳以降に「自己主張」が芽生えてきたら、保護者がいろいろな工夫をしながら、丁寧に子どもと関わっていくことが大事です。そんな時に子どもは「自分がとても大事にされている」と感じるのです。(大豆生田啓友氏)」
(NHK「すくすく子育て」2018/08/18放送)

あせらず、子どもを信頼しながらできるだけ丁寧に相手してあげるとよいのですね。